インタビュー

わからないことは、
わからないで大丈夫。
タクシーは、女性
でも活躍できる仕事。

佐藤 未来 / Sato Mirai
2017年入社

佐藤未来

最初は消去法だった就職。
でも、結果がついてくるのが楽しい。

自分が本当にタクシードライバーになるとは思っていませんでした。企業展で声をかけられて、運転は好きだったので、軽い気持ちで選考を受けてみたら、受かってしまったというのが本音です。でも、実際にやってみたら、思った以上に仕事を楽しめています。
若手メンバーは皆仲が良いですし、営業所でも居心地よく過ごすことができています。それに、やっぱりがんばった分が売上という目に見える結果になるのがいいですね。わざと信号に引っかかる、流しているときは左折しかしないなど、先輩ドライバーからコツを教えてもらってお客様を獲得することができるようになりました。
若い女性のドライバーは珍しがられるので、プラスに働いていると感じることは多いです。接客には自信があるので、お客様との会話も楽しめていますし、配車で呼んでいただいた方から、「また来てね」と言ってもらえるとやりがいを感じますね。

佐藤未来

ただのタクシードライバーでは
もったいない。観光やハイヤーなど、
新しい仕事にも挑戦中。

ドライバーとしての可能性を広げるために、様々なことに挑戦しています。いま、最もたのしいのは観光タクシーの仕事です。お客様から依頼をいただいて、同行ガイドとして名古屋の観光名所をご案内するのですが、「たのしかった」と喜んでいただけるとうれしいですね。
また、最近ではハイヤーの仕事もしています。企業の役員の方などに乗っていただく機会が多いので、何かあったときに備えて事前にルートをいくつか調べておく他、よく行くビルの出入り口を把握しておくなど、準備して先輩に確認をしながら進めるようにしています。
今後、自分に子どもができて母親になるかもしれません。そのときも、働き方はいろいろあるので、タクシーの仕事を続けていきたいです。

message

お客様は想像以上にやさしい人ばかりです。 きちんと対応すれば、トラブルもありません。

インタビュー一覧へ