インタビュー

運転が好きだから、
ストレスもない、
この仕事が
楽しい。

加藤 敦也 / Kato Atsuya
2018年入社

加藤敦也

きっかけは、先輩の宝タクシーへの就職。
比較しても、いちばんあたたかみを感じた。

運転が好きで、免許をとってからはクルマを買って、時間のある限り走り回っていました。日帰りで千葉や新潟に行ったり。ですので、就職でも運転を仕事にすることを考えていました。
最初はバスやトラックのドライバーを考えていたのですが、たまたまバイト先の先輩が宝タクシーに入社したということで話を聞きに行ったんです。それから他の会社にも行きましたが、宝がいちばん迎え入れてくれていたというか、人のあたたかみを感じて、入社を決めました。
営業所もそのとき感じた雰囲気のままですね。ベテランのドライバーは孫みたいにかわいがってくれますし、管理職の方も距離感が近いので同期ともいっしょにご飯に行ったり、仲良くやれています。
仕事中も自由が多いですし、街に人がいなくてまったくダメな日は早く帰ることもできるので、ストレスを感じることなく楽しく働けています。

加藤敦也

さまざまな情報をヒントに、
名古屋の街を攻略してお客様を獲得する。

いまは2年目になるのですが、道が空いていて走りやすく、売上も増やしやすい夜に働いています。接客も程よい距離感がわかってきたのか、会話を楽しめるようになって、ときにはチップもいただけるようになりました。
あと、表現がふさわしくないかもしれませんが、タクシーはゲームのような攻略性のある仕事だと思います。曜日や時間、天候やイベントなど、街の状況を把握して、どこを走るか考えるんです。臨機応変にルートを変えたり、ゆっくり走ったり、ビルの中も見たりして、他の人と動きが違う人を探しています。そういう人がタクシーを探している可能性が高いからです。
いろいろとコツがあって、自分の努力がきちんと結果につながってくると、やりがいを感じます。
今後もドライバーを続けていきたいですね。最近は研修を受けて、アルファードのハイクラスタクシーに乗っています。乗り心地もいいので、運転も仕事ももっと楽しんでいきたいです。

message

上下関係もほぼないし、自由も多いので、ストレスのない仕事です。 売上を増やすために粘り強い人なら、さらにおすすめできます。

インタビュー一覧へ