若手ウェルカム
粕谷 聡太
24歳(入社2年目)
今、どんな仕事をやっているの?

若手ウェルカムは様々な視点からタクシーのことを学ぶため、配車センターや、観光タクシーの企画立案等様々な業務を経験します。今はその中の一つ、営業所で運行管理者の仕事を学ぶ研修を受けています。
運行管理者とは、毎日ドライバーさんの点呼を行い、勤務状況や体調を把握して安全にタクシーを運行できるよう指導する仕事。他にも勤務シフト作成や、タクシーのトラブル対応など様々な業務を行います。
こうした業務を経験する中で、特に大切だと感じたのは一人ひとりの気持ちをしっかり考えること。当たり前ですが、ドライバーさんはそれぞれの性格も生活環境も違います。それを理解せず、全員に同じアドバイスや指導をしても受け入れてもらえません。日頃からコミュニケーションを取り、その人のことを考えた対応をすることで、ドライバーさんのモチベーションが高まり、お客様へのサービスの向上にもつながると思います。
この研修で運行管理者の大切さを知り、この道に進みたいという思いが強くなりました。難しい仕事ですが、頼られる運行管理者になれるよう頑張ります。

運行管理者にはどうやってなるの?

運行管理者になるには、国家試験に合格する必要があります。合格率は約3割と簡単な試験ではありませんが、合格できるよう会社が週1回勉強会を開催してくれます。この勉強会のおかげで、若手ウェルカムの合格率は約8割。一度落ちた人も2回目の受験では全員合格しているので勉強会でしっかり学べば大丈夫です。合格すると毎月資格手当がもらえるので、みんな合格を目指して頑張っています。

メッセージ

運行管理者はタクシードライバーの安心・安全を守る仕事です。そんな重要な仕事に関わることができる若手ウェルカムは、自分を成長させたい人にピッタリだと思います。

※年齢と内容は取材当時のものです。

くわしく話をきいてみる?

らくらくエントリーはこちら

ページ上部へ