若手ウェルカム
福山 一輝
25歳(入社1年目)
今どんな仕事をやっているの?

私は、㈳全国子育てタクシー協会認定ドライバーとして乗務をしています。
子育てタクシーとは、妊娠中のお客様や、小さなお子様でも安心してご利用いただけるよう、特別な研修を受けたドライバーが対応するタクシーサービスです。

前職が保育士で子どもの対応には自信がありましたが、研修を受けてみるとタクシーならではの留意点が多くあり、しっかり学ばなければならないと気を引き締めなおしました。例えばドアサービスは、子どもが予期せぬ動きをしてもすぐ対応できる位置で行うこと。車内からドアを勝手に開けないようロックをしておくこと。他にも、運賃の支払い中に車外に飛び出してしまう、窓から身を乗り出してしまうなど様々な危険を想定し常に留意することが大事です。
また、知識だけで終わらないよう、子どもの視界の狭さを体験できる特殊なメガネや、妊娠中の女性を再現した重りを付け、タクシーを利用する研修も行いました。子どもに見えていない危険の多さや、妊婦さんの大変さを知り、必要なサポートをより具体的にイメージすることができました。

前職の保育士は長い積み重ねで保護者や子どもとの信頼関係を作り上げていくことが大事でした。それに比べタクシーは短い時間で信頼していただけるよう対応する難しさがあります。しかし苦労ばかりではなく、お客様に安心してご利用いただくため試行錯誤することがとても楽しいです。

今後どんなドライバーになりたい?

研修の一環で子育て支援センターに行ったとき、保護者の方々とお話する機会がありました。そこで、子育てタクシーの話をしたところ「そんなサービスがあるなら助かる」「私も利用したい」などとても興味を持っていただき、私が想像していた以上に求められているサービスだと感じました。その期待に応えるためにも保育士と、タクシードライバー両方の経験を活かし、安心してご利用いただけるタクシーを目指したいと思います。

子育てタクシーを利用されるお客様も、一般のお客様も何か助けを求めていらっしゃると思うんです。「急いでいる」「移動手段がない」など様々な理由でタクシーをご利用される、そんなお客様の助けになりたいと思い日々努力しています。反対に私も、勉強不足なことを教えていただくなど、お客様に助けられながら乗務してきました。その恩返しというわけではないですが、今後もよりよいサービスが提供できるよう励みます。

メッセージ

若手ウェルカムという部署で様々なことを学ぶ中、人材教育という分野に興味を持ちました。大切な仲間たちとこの会社を背負っていけるよう成長するために、どうすれば自分たちがよりよくなれるか考え行動していきたいと考えています。
一緒に宝タクシーを盛り上げてくれるメンバーが増えてくれると嬉しいです。

※年齢と内容は取材当時のものです。

くわしく話をきいてみる?

らくらくエントリーはこちら

ページ上部へ