宝タクシーで輝く若手ドライバーたちに、突撃インタビュー!

運行管理者

運行管理者

若手ウェルカム在籍時はどんな仕事をやってきたの?

『若手ウェルカム』第1期生として入社し、タクシー乗務や配車センターなど様々なポジションを経験してきました。乗務したてのころは、毎日どこを走ったらいいかわからず一苦労。接客サービスがなっておらず、お客様からお叱りを受けたこともあります。そこで終わらすのではなく、いつもその日にあったことを反省し、自分なりに日々勉強することで少しずつ慣れていきました。サービスがよければチップをいただけたり、普段はお目にかかれない大企業の役員さんを乗せて、面白い話を聞かせてもらえることもありました。そうして知識を増やすことができたのはこれからの自分にとって貴重な機会だったと思います。

今は何の仕事をやっているの?

『若手ウェルカム』を卒業した今は、タクシー乗務に加えてドライバーさんたちのシフトや給料管理をする運行管理の仕事や『若手ウェルカム』に所属しているメンバーの指導も任されています。かつての自分がそうだったように、新人ドライバーは日々乗務をする上で様々な問題や悩みを抱えています。そんなとき、『若手ウェルカム』での経験を活かし、身近な先輩としてサポートすることで、フランクであたたかい関係づくりを心がけています。「村上さんに教えてもらったことを参考にして走ってみたら、目標金額を達成することができました」と後輩から言われるときは自分のことのように嬉しいです。『若手ウェルカム』がスタートしてから、メンバーが一人も退職していないことで自信もついてきました。今後は頼れる先輩、信頼される運行管理者として皆を支えていき、どこにも負けないチームをつくっていきたいです。

メッセージ

タクシードライバーのよさはお客様と近い距離で接することができる点だと思います。最初のうちは大変ですが、慣れてくると接客が楽しくなり、お客様から直接感謝の言葉をもらえて嬉しいです。若手社員同士も仲がよく、乗務の後にはご飯を一緒に食べにいったり、気軽に仕事の相談もできていい職場環境だと思います。僕もしっかりとサポートしますから、ぜひ一緒に仕事をしましょう!!

運行管理者

観光タクシードライバー

普段、どんな仕事をやっているの?

運行管理の仕事に加え、名古屋の街をドライバー自身がアテンドする『名古屋トリビア観光タクシー』を担当しています。
2016年3月からスタートした新しい事業で、実は、我々若手ウエルカムプロジェクトチームが企画しました。名古屋の街の魅力を掘り起こすためにチームの仲間達と歩いてMAP化していくつかの基本ルートをつくりました。それがブラシュアップされて誕生したのが『名古屋トリビア観光タクシー』です。新聞やテレビで取り上げられたこともあり、ハイシーズンには連日運行という週も。ヤッター!という感じです。
会社から、知識と接客力を磨く機会と企画を商品化してもらえて良かったですし、全国各地のお客様に「大満足!ありがとう」と言っていただくたびに、もっと頑張ろうという気持ちになります。

趣味は何ですか?

私は読書が好きです。読書で培った知識が、観光タクシーのアテンドに役立っています。あと、タクシーのドライバーをしていると、体を動かす機会がないのでジョギングを定期的にしています。主に会社近くの熱田神宮の周回コースを走るのですが、晴れ晴れとした気分になり、リフレッシュには最高です。
社内の駅伝サークルにも所属していて、年間を通してレースに出場しています。仲間と一緒にたすきをつなぎ、現在チームも個人もベストタイムを更新中です。

メッセージ

タクシーを利用するお客様の多くは、急いでいる人かお年寄りです。それだけに、降りられるときにかけていただく「ありがとう」の言葉が何よりの励みになります。当たり前のことをしているのに人から喜ばれるのは、この職業ならではのやりがいだといえるのではないでしょうか。単に人を運ぶのではなく、お客様とのコミュニケーションを深めながら、提供したサービスで喜んでいただく。これこそがタクシードライバーの楽しさだと思います。

トップドライバー養成コース

若手ウェルカム

普段、どんな仕事をやっているの?

私は今、昼間にハイクラスタクシー(アルファード)の乗務を担当しています。午前は中心部を回り、手をあげてくれるお客様を探し、時には無線による指示にも対応します。午後は、様子をみて少し郊外にいってみたり、ホテル付けをするなど、変化をつけて営業活動を実施。夕方には戻り、洗車や納金、日報処理をして終了です。

趣味は何ですか?

これといって、特にないですが、暇なときや休みの日にも事務所にいることが多いです。なぜかって?う~ん。特に理由はないのですが、「居心地がいい」からだと思います。仲間や先輩の話は面白くて、あっというまに時間が過ぎていきます。周りは自分よりも年上の方がほとんどですが、皆、フランクな方ばかりで雰囲気はいいですし、色々な人生経験が聞けてためになります。「人生の先生」ばかりです。

メッセージ

タクシードライバーは日々、売上を確保するために頭を使って営業を行なっています。頑張ったら頑張った分だけ、数字として結果に表れる職業です。毎回うまくいくわけではありませんが、その分、目標を達成できたときは本当に嬉しいです。どれだけ頑張れて、自分の限界に近づき、目標を超えることができるか。そこにタクシードライバーのやりがいがあると思います。

若手ウェルカム

タクシードライバー

普段、どんな仕事をやっているの?

入社したばかりなので、現在は研修として業界の情報収集をしたり、仕事に関する基礎知識などについて話を聞いたりと勉強の毎日です。入社時に「若手ウェルカムプロジェクト」チームとして知識、経験、スキルを身につけることができるという話を聞いて、こういう制度があるならしっかり勉強して将来役立てることができる!と思っていました。しっかりした研修は本当に為になります。

目標は何ですか?

入社式では同期19人の代表として抱負を述べました。でも、自分もまだまだ勉強中の身ですので、早く社会人としての力をつけて、名実ともに真の代表として胸を張れるようになりたいです。
同期の皆で努力していきたいと思います。

メッセージ

自分は面接の受け答えをA4用紙の両面が埋まるくらい書き込んで練習したのですが、実際の面接では変化球の質問ばかり来たので、用意した答えではなく素の自分で答えていました。あまり気負わず、力を抜いて挑むのが良いと思います!

若手ウェルカム

タクシードライバー

普段、どんな仕事をやっているの?

入社してから1年、今は通常のタクシー乗務と共に、研修として配車センターにて電話オペレーターの業務も行っています。
名古屋の土地勘がなく、まずは地理を覚えるところからだったので大変でしたが、乗務に慣れていくうちにお客様から「またあなたにお願いしたいから番号を教えてほしい」と言っていただいたり、何度も同じ場所、同じ時間にお乗せしたお客様に顔を覚えていただいて、「いつもここから乗るからね」と常連のように利用されるようになったり……そんなお客様からの言葉が嬉しくて、接客が楽しくなってきました。

将来挑戦してみたいことは?

入社する前は特にこれがやりたい!という希望がなくて、長く安定して働ける場所という条件で会社を選びました。
でも、実際にタクシー乗務の仕事をやってみて、お客様と接する面白さを知って、ホテルなどグループ内の他の接客業にも興味が出てきたところです。
また、タクシーの方でもこれからハイクラスタクシー乗務の研修が始まるので、自信を持って運転できるようしっかり練習したいと思います。

メッセージ

自分は特に「この職種がいい」などの希望がなかったんです。
実際に仕事を始めてから「接客が楽しい」などやりがいが見つかったので、まずは飛び込んでみて、興味のあるものを見つけてみるのも良いと思います。

若手ウェルカム

タクシードライバー

普段、どんな仕事をやっているの?

研修として電話オペレーターなども行っていますが、メインはタクシー業務を担当しています。
元々タクシードライバーは年配の方の仕事というイメージを持っていたのですが、企業展で同級生が宝タクシーの採用募集のポスターに出ていて、同じ世代の人も活躍しているんだ!とこの仕事に興味を持ちました。
「若手ウェルカムプロジェクト」として、宝グループ内の色々な部門で経験を積ませてもらうことも出来ますし、所属する若手メンバーたちは皆気さくに話しかけてくれる人ばかりで、事業所の雰囲気もとても良いです。

将来挑戦してみたいことは?

「この仕事がやりたい」という希望は特になかったのですが、どちらかといえば接客や営業よりも会社内でやる仕事がやりたいと思っていました。
経済学部出身で、お金に関する仕事は学生時代からやっていたので、将来的にはタクシー部門の経理として売上げや給与を管理する立場になれたらいいなと考えています。

メッセージ

特別やりたいことがないという人も、とにかくたくさんの企業を自分の目で見てみると良いと思います。色々と見ていくうちに、自分はどんな仕事に興味があるかなど考えが見えてきます。

若手ウェルカム

タクシードライバー

普段、どんな仕事をやっているの?

通常のタクシー乗務の他、宝グループ会長専属ドライバー、伊勢志摩サミットでのハイヤータクシー運行の他、宝グループ全体を見て勉強するために企画・広報を担当している「株式会社創文社」で研修しました。具体的には観光タクシーのコースを考えたり、今後タクシー業界で出てくる新しい取り組みについて調べたり、採用の仕事にも携わりました。
運転も大好きですが、タクシー部門のことも、他の各部門のことも知ることができてとても楽しいです!

趣味は何ですか?

大学2年生のときから「よさこい踊り」の社会人チームに入っています。名古屋の「にっぽんど真ん中祭り」にも参加するなど本格的に活動していて、社会人になっても笑って、泣いて、皆で青春できるのが何より楽しいです!大会では踊りの芸術性だけでなく、地元の特色をいかに出しているかなどで採点されて、奥が深いんですよ。もし興味がある人がいれば、ぜひ声をかけてください。

メッセージ

就職活動に一生懸命取り組むことが、社会に出て通用する人間になるための第一歩だと思います。
「新卒である」という一生で一度のブランドを大切にして、先入観を持たず、視野を広くもつことが重要です。期間の限り自分の足で歩いて、自分の目で見て、周りの情報に流されず自分で判断して自分に合った会社を見つけてください。

運行管理者

タクシードライバー

普段、どんな仕事をやっているの?

現在は通常のタクシー乗務と、事務所での運行管理の仕事を半々くらいで担当しています。
自分より2〜3倍の年齢のドライバーさん達を相手に管理の仕事をしなければならないのが大変ですが、自分は1人でずっと走っているよりも事務所で仕事をしている方が性に合っていますし、ドライバーさんからの質問やトラブルの連絡にうまく対応して解決できたときはとても嬉しいですね!

趣味は何ですか?

ゴルフが大好きで、入社1年目から宝グループの「京ヶ野ゴルフコンペ」に参加していました。
多いときは2ヶ月に1回くらいの頻度で行っていましたが、最近は忙しくて4ヶ月に1回くらいになりましたね。
社内サークルでのコンペは賞品もとても豪華で、電子レンジやケトルなど家電もいただけるんですよ。
宝グループの様々な方がたくさん参加されるので、良い交流の場になっています。

メッセージ

あまり根を詰めてやらなくても、会社説明会などで直接その会社の方々と触れ合って、話を聞いて、自分に合うかどうかを考えてみれば大丈夫だと思います。

※年齢は2017年6月取材当時のものです。

くわしく話をきいてみる?

らくらくエントリーはこちら

ページ上部へ